SmileGarden

SmileGarden|初心者さんにも【簡単】【気軽】にガーデニングを楽しんでもらいたい〜 | 【花セラピー】【ハーブセラピー】の効果とは!?

自家製にこだわってレモンを育てることに|大敵カミキリムシ現る!

48歳/女性/主婦

レモンを育てることになったきっかけ

20年くらい前ですが、レモンとゆずの苗木を買ってきました。ゆずのマーマレードを作り始めた頃で、自分の庭で出来た実でマーマレードや果実酒、ケーキなどが出来れば最高だと思ったのがきっかけです。柚子の木は、なぜか全然芽が出ず、ずーっとそのままで、そのうちに枯れてしまいましたが、レモンはよく育ってくれました。最初は植木鉢でしたが、わが家でもっとも日当たりの良い場所に地植えにしました。

市販の輸入レモンの酸化防止剤は凄まじい

レモンを地植えにしたとき、いくつか実が出来たので、本に載っていた通りに青いうちに収穫して冷蔵庫に入れておきました。でも、もったいなくてどうやって使おうかと迷いに迷っているうちに腐らせてしまいました。輸入物のレモンには保存料が入っているけど、うちで採れたのには入ってないからすぐ腐るんだということに腐ってから気付きました。しかし、これを実感し、自分で栽培したものを食したいという気持ちが大きくなりました。

剪定を間違えると実が成らない!?

レモンの木はぐんぐん大きくなりましたが、春に枝が伸びると邪魔になるので、邪魔になるたびに剪定していました。後から考えると、3年以上経った枝に花がつき、実が成るということなので、そのせいで花が咲かなかったんですが、とにかく少ししか花が咲かず、それが結実しても落ちてしまいました。実が出来ないうちに落ちてしまうので、知識も経験もなかった私は、うちの木は実が成らないのだと諦めていました。

レモンの木は、葉っぱもレモンに近いいい香りがするので、それに満足するようになって、実が出来ないのが当たり前みたいになっていました。でも、木自体はすくすくと育ち、大木になりました。そして10年以上経ったある年、ふと剪定しすぎなのかもしれないと思い、その年はどんどん伸びる枝を剪定せずにそのまま様子を見てみようと思いました。すると、春にものすごく良い香りがして、花がいっぱい咲きました。そして、結実し、数え切れないほどの実がなりました。

しかし、うちのレモンの木は、南側に枝が偏って茂っていたため、一方に100個以上実が成っている状態となってしまい、重さでレモンの木が傾き始めてしまいました。なので、慌てて枯れ木で支えをしてその場しのぎをしました。そして、枝を剪定しないと実が成るのを経験し、繁り放題にすると、数百個の実がなるようになりました。

自家製のレモンの美味しさに感動

マーマレードにレモン酒に、皮だけで作るお酒リモンチェッロも作り放題で、嬉しい悲鳴を上げました。お友達にもわけて喜ばれました。無農薬有機栽培のレモンは、ものすごく大きくてジュ―シーでいい香りでスーパーなどで買ってくるものとは比べ物にならないくらい美味しいです。20数年たって、やっと植え込みの時に思い描いた状態が叶いました。

レモンの楽しみは実だけじゃない〜 葉っぱも花もとても良い香り〜

レモンの木は、とにかく葉っぱも良い香りで、春5月頃に薄いピンクのつぼみがつき、花は真っ白で可憐です。そして花の香りが素晴らしくいい香りです。花が終わった後には、小さなかわいいベビーレモンが出来ているのを見るとほんとに嬉しくなります。ベビーレモンがどんどん大きくなる、あちこちの枝にレモンがぶら下がるのを見ると幸せな気持ちでいっぱいになります。

レモンは寒さに弱い

プロは、摘花や摘果をされるようですが、ベビーレモンが全部大きく育つわけではなく、ポロポロ落ちていくことも多いので、私はもったいなくて摘花も摘果もしていません。11月末か12月初旬頃から実がだんだん黄色くなるのですが、私の経験上、暖冬の場合、春まで放っておいても大丈夫です。実をつけたままでは木に負担になるので、本によると12月中に全部収穫してしまうようにと書いてありますが、もうひとつの理由は寒さ対策です。

レモンの木は柑橘類の中ではいちばん寒さに弱く、マイナス5度以下になると葉っぱがボロボロ落ちて実も凍って腐ってしまいます。雪がちょっと積もったくらいでは何ともなかったのに、たった一日マイナス5度になっただけでそうなったことがあります。もったいないのと、レモンに悪いことをしたと思っています。ですから、温度を気にして、寒冬の年は全部収穫して保存しておくようにしています。

カミキリムシとアゲハ蝶はレモンの大敵

春のある日のこと、見慣れない虫を発見しました。それは、カミキリムシでした。柑橘類の敵で、根元に卵を産み付けて幼虫が幹や枝に入り込んで食べながら成長して、ある日ポコッと鉄砲のような穴をあけて出てくるので、テッポウムシとも言われています。食い散らされた木は枯れてしまうことも多く、ネット検索しても予防策もなかなかなくて、幹をペットボトルや金網などで覆ったりするようでした。うちでは太い根っこに入っていたのもみつけました。

春の時期には根元を常に見回って、ぶよぶよじくじくしているところがないか、カミキリムシの成虫がいないか、などを調べないといけないです。根元だけではなく、枝にもいるので注意して見ます。表面がボロボロした枝を見付けて切ってみると、白いカミキリムシの幼虫が顔を出したことがあります。また、アゲハ蝶もレモンの木の大敵です。

アゲハ蝶がレモンの木に卵を産み幼虫になったら、その幼虫たちはレモンの葉っぱを好んで食べます。アゲハ蝶の幼虫は食欲旺盛で、放っておくと葉っぱを食い尽くして大木が丸裸になってしまうこともあります。我が家では、まだアゲハ蝶の被害には合っていませんが、春になると卵が産み付けられていないかなど、よく観察するようにしています。

我が家の春は最高の癒しスポット

レモンのそばには家庭菜園もあるので、これから育つミニトマトやきゅうりなどの苗が青々としてとてもきれいです。野菜の花が付いてくれば、実が出来る期待もありますし、最近はさつまいものつるも植えているので、さつまいもの葉っぱが育つのを見るのも楽しみのひとつになっています。今年はゴーヤの種をまいて育てたら、上手に出来たので、苦手だっ種まきを克服できそうです。

玉ねぎも100円ショップで買った種をまいて育てて、ヒョロヒョロした苗を植えたのですが、これが大きく育って収穫できるかどうかがんばってみようと思っています。じゃがいもに挑戦し、少しだけ収穫出来ただけで芽が出ないのも多く、失敗と思っていましたが、なんと冬を前に今頃芽が出てきて育っているのでこれも収穫出来たらじゃがいもも家庭菜園の定番にしたいと思っています。ミニトマトやキュウリもたくさん収穫できてサラダや洋風料理に大活躍しました。

春は、レモンの花が咲き乱れるだけでなく、自生しているフェンネルやカモミールも花が咲いていい香りだし、切っても切っても伸びる月桂樹も花が付きとても良い香りがします。ハーブのローズマリーも元気に育っています。この時期に庭に出ると本当に元気をもらえます。家庭菜園の充実が今後の課題になりそうですが昔色々育てていたハーブも栽培する品種を増やし、いろんなお料理に使いたいと思います。パセリやクレソンなど、すごく栄養があってアンチエイジングにもいいので、ぜひ育てて体も元気になりたいと考えています。

レモンの木に危機が!!

うちのレモンの木は残念ながら、今年初めの寒波でやられちゃって、カミキリムシの被害も甚大なので今再生の一途です。今年の実は1個しかなってません。まずこのレモンの木を何とか再生したいとおもっています。

これからレモンを育ててみたいと思っている方へ

レモンの木は日本では千葉県が北限だそうですが、植木鉢にして寒くなるとあたたかいお家の中に入れるなど工夫して育てることが出来るのではと思います。とにかくすごく香りが良いし、柑橘類はひとつ家にあると楽しいですので、お料理、特にホームメイドケーキや保存食作りが好きな方にはぜひおすすめしたいです。枝は繁りっぱなし、春に剪定しないようにすれば実が付くのも早いと思います。

注意点

害虫は、カミキリムシの他には、アゲハチョウが来て卵を産み付けて食い荒らすので、気を付けてください。真っ黒で見事なアゲハチヨウが来るので、逆にアゲハチョウを呼ぶために柑橘類を育てる人もいるくらいですが、すごく大きな青虫なので葉っぱが食い散らかされてボロボロにされてしまいます。

<レモンを使ったレシピ>

有機栽培で皮まで使える自家製レモンだからこそのレシピ☆

【レモンシロップ】

材料:レモン100g、氷砂糖50g(レモンの半量)
1. 煮沸した容器を準備しておく(しっかり乾かす)
2. レモンの上下を切り落とし、5ミリほどの輪切りにする
3. 瓶の中に、輪切りにしたレモンと氷砂糖を交互に入れる
4. 1日に1度、容器をゆする
5. 氷砂糖が溶けたらレモンシロップの完成

水や炭酸水で割って飲んだり、紅茶に入れたり、かき氷にかけたり、ヨーグルトに加えるなどして楽しんでします。お酒が好きな方は、お酒で割っても美味しくいただけます。
アレンジとして、はちみつやキウイなどのフルーツを一緒に加えて浸けても美味しいシロップになります。

【レモンパウダー】

材料:冷凍レモン
1. レモンを洗って水気を拭き取る
2. レモンを半分に切って、ラップに包んで冷凍する
3. 冷凍レモンをおろし金ですりおろす
4. ふわふわのパウダー状のレモンパウダーの完成

工程はたったこれだけです。ふわふわのレモン100%のパウダーです。
サラダ、マリネやカルパッチョ、ステーキ、ムニエル、エビフライや唐揚げなどの揚げ物、おうどんやお蕎麦などにふりかけたり、ポン酢やお素麺のつゆに加えたり、アイスクリームやパンケーキにふりかけたり、と使い方は自由自在です。レモンは、想像以上にたくさんのお料理に合います。さっぱりして夏はもちろんおすすめですが、寒い季節もホットレモンやレモン鍋など、いろんなお料理に活用でき、我が家では一年中必要不可欠な食材となっています。

カテゴリー

サイトマップ

管理人

管理人のゆり子です。趣味はガーデニングです。どうぞよろしくお願いします。

案内人

妖精のティンクよ。サイト内を自由に飛び回っているわ☆ あなたに会えるかしら〜♪

妖精のミントです。サイト内をヒラヒラお散歩しているよ♪ 私を探してみてね♪

SmileGarden

Copyright© SmileGarden , 2021 All Rights Reserved.