SmileGarden

SmileGarden|初心者さんにも【簡単】【気軽】にガーデニングを楽しんでもらいたい〜 | 【花セラピー】【ハーブセラピー】の効果とは!?

日陰だからこそ作れるシェードガーデンの魅力|日当たりが悪い庭

40代/女性/東京都内在住
アパートの中層階に住んでおり、ベランダと屋内で水耕中心のガーデニング(花・野菜)を楽しんでいます。子どもは中学生男児二人で、ふたりとも寮生活です。実家は熊本で、田舎ゆえの広い庭を花好きの母と一緒に作っていました。その実家の日陰の庭の話を紹介します。

北側と東側が一日中日陰で、20平方メートルぐらいの広さがあります。北側は1.5m高の塗壁にしてしまったため風通しが悪く、東側は風通り良好です。二畳ほどの小さな中庭のようなところがあり、そこも日当たりは悪かったです。南側は日当たりや風通しともによく良く20~30平方メートルぐらいです。

植物の育てる環境要素の中でも「日当たりの影響」はとても大きい

通販のカタログを片っ端から取り寄せ、そのシェードガーデン向きの植物の中から植えたいものをひたすら探しました。少しでも雰囲気を明るくしようと斑入りの植物を植えたりしましたが、日陰向きのもの以外はやはりうまくいかないことが多かったです。

好きで植えたい花や植物と、植えることのできるのものの間で葛藤し、挑戦してダメにしてしまった植物には今でも申し訳なく思います。また隣の家の取り壊しで急に日が差すようになり、その場所に植えられていたお気に入りのあじさいは、葉焼けして2年ぐらいですっかり消えてしまいました。

日当たりの悪い私のシェードガーデンで育てている植物たち

斑入りツルニチニチソウ:グラウンドカバーとしても優秀で強健、花もかわいらしいです。
キイチゴ(黄実):日本の在来種に近く、山野に生える日陰に強い品種です。地下茎で増えすぎるのは予想外でした。
エビネラン:日陰に育つ山野草です。質素な花が魅力的です。
ギボウシ:日陰に強く花もきれいです。花瓶に花を活ける時に葉が便利です。
ツボサンゴ:カラーリーフでとても庭が明るくなります。手間がかかりません。
ホトトギス:花は茶花に使われるほど美しく、丈夫です。切花で使いやすい花です。
ホタルブクロ:花が綺麗です。放置でも毎年増えて出てきます。
ユキノシタ:グラウンドカバーとして植えています。ランナーでよく広がり、斑入りの葉が地際を明るく見せます。
ニンドウ:夏期が長いつる性植物で庭の立体感が出せます。
ニチニチソウ(風車型):日向むきの花ですがほぼ日の当たらない環境でやせることなく見事に咲きました。

二畳ほどの中庭は一部が外とつながっているものの、小さな手水鉢があって湿気が多く、風通しも日当たりも悪い場所です。ここの中心にはヒイラギナンテンを植えました。紅葉しますが常緑で落葉しない大人の腰丈程度の木です。紅葉の色が様々あるようですが、我が家のものは濃い橙色から黄緑のグラデーションがとても綺麗です。中間の手水鉢の根元にはホトトギスと斑入りツワブキ、手前の埋め込まれた石のステップ間にはユキノシタがランナーで広がっています。

どれも手がかからず、季節にはホッとするような楚々とした可憐な花を咲かせます。日当たりが悪いがゆえにあまり草も生えず、お気に入りの小庭です。北側・東側の庭については、もっと立体的にできたらいいなと思います。元々植えてあるギンモクセイや斑入りアシビは動かせないので、大きめの黄葉系のギボウシや、近年盛んに出回り始めたヒューゲラなどで明るさのある庭にしたいと考えています。

日当たりの悪い庭でも、素敵な庭は作れる

シェードガーデン向きの品種や情報もたくさん出回りはじめています。カタログやネット、本など、毎年新しい品種が発表されていますので、好きな植物が見つかるかもしれません。特にカラーリーフや斑入り植物など組み合わせると明るい庭になりおすすめです。日陰の庭は虫や草に手間を取られにくいという利点もあります。日当たりを好む植物を無理して植えるより、シェードガーデン向きの品種の中からお気にりを見つけて楽しむほうがうまくいくと思います。

カテゴリー

サイトマップ

管理人

管理人のゆり子です。趣味はガーデニングです。どうぞよろしくお願いします。

案内人

妖精のティンクよ。サイト内を自由に飛び回っているわ☆ あなたに会えるかしら〜♪

妖精のミントです。サイト内をヒラヒラお散歩しているよ♪ 私を探してみてね♪

SmileGarden

Copyright© SmileGarden , 2021 All Rights Reserved.