SmileGarden

SmileGarden|初心者さんにも【簡単】【気軽】にガーデニングを楽しんでもらいたい〜 | 【花セラピー】【ハーブセラピー】の効果とは!?

コスモスの育て方・管理方法|秋の風情を感じるガーデンを作る

47歳/男性/長野県在住
長野県は高冷地のため、一年草を育てられる期間が短いです。当地では遅霜の心配のなくなる5月半ばから、早霜の来る10月下旬頃までが、お花を楽しめるおおよその時期となります。

コスモスの育て方・管理方法

コスモスの種まき時期

5月上旬頃に種をまきます。比較的頑強な作物のため、直接に土へ種をまくことも可能ですが、小さなトレーに種をまき、おおよそ発芽から三週間後に必要な本数の苗を、ガーデニングとして植えたい場所に移植することもできます。根付くまでの期間は土を乾かさない程度に水を与えますが、しっかりと根付き株が大きくなれば、天然の雨に任せて大丈夫です。

コスモスの土づくり

コスモスはキク科の花で、根からの求肥力が強い花のため、多肥の管理は不要です。植え付ける一週間くらい前までに苦土石灰をまき(表層がうっすら白くなる程度)、土と混ぜ合わせます。リン酸やカリウムが不足気味の土であれば、窒素・リン酸・カリウムの複合肥料を用いると便利です。

堆肥のような有機質を用いる場合は、それらが分解される過程でコスモスの根に悪影響を及ぼす場合がありますので、植え付けから最低でも三週間くらい前に土と混ぜ合わせておくのが無難かと思います。いずれにせよ多量に使用しないことが大事です。

コスモスの摘芯と種

コスモスの葉っぱの対が10くらいに生育したら、頂点で芽を折る(摘芯)と、脇目が吹いて秋口に一株がこんもりとして多くの花を咲かせます。摘芯せずに伸ばすと、倒伏するくらいの大株になる場合があります。その場合は杭を打ち、紐で支えることで花を鑑賞します。

花が終了しますと、種を取ることができます。こぼれ種で、翌年も育てることができますが、理想は自身で種を取り、庭の全体図の中で可憐なコスモスの花を咲かせたいところに苗を植え付けるのが良いと思います。野草の趣のあるコスモスの花を、是非ともガーデニングで楽しんでください。

コスモスの花の魅力

一番の魅力は、花が次から次へと咲き続けることだと思います。ピンク、赤、白、紫、オレンジや黄色など、花色もとても豊かです。中でも秋のピンクは、一番風情を感じます。コスモスは頑強で育てやすい花ですが、ついつい肥料をあげすぎてしまうと、倒伏してしまうほどの大株になります。そうなると庭の風情が損なわれますので、なるべく自然環境に近い状態で、必要あれば肥料を用いる程度が良いかと思います。

都会では、コスモスのような草花があまり見られなくなってきました。庭に可憐な草花が咲いているだけで、地域の憩いの場にもなろうかと思います。

カテゴリー

サイトマップ

管理人

管理人のゆり子です。趣味はガーデニングです。どうぞよろしくお願いします。

案内人

妖精のティンクよ。サイト内を自由に飛び回っているわ☆ あなたに会えるかしら〜♪

妖精のミントです。サイト内をヒラヒラお散歩しているよ♪ 私を探してみてね♪

SmileGarden

Copyright© SmileGarden , 2022 All Rights Reserved.